ホーム > ご案内 > 新年のご挨拶



 
  明けましておめでとうございます。旧年中は、多くの市民の方々に本院を受診していただき、まことにありがとうございました。

 今年も、「市民を愛し、市民に愛される病院へ」のキャッチフレーズの如く、市民の期待と信頼に応えるべく、安全で質の高い医療サービスと安心を提供していく所存です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 本院は、病院理念を「荒尾市民病院は地域住民の健康の維持、増進に努め、患者中心の安全で質の高い医療の提供を目指します」と定め、実践してまいりました。荒尾市内唯一の急性期病院であり、城北地域唯一の「地域がん診療連携拠点病院」の指定を国や県から受けています。さらに地域医療支援病院、基幹型研修病院の認可も受け、地域完結型医療を目指し、研鑽の日々を送っています。研修医は、現在九人が在籍し、「いい医者」を目指し日々励んでおります。

 新病院建築の設計会社と現在各部署、各科など何度も話し合いを行っております。2025年問題に根差した地域医療構想、働き方改革などを念頭に置き、最新で受診しやすい病院、入院生活が快適な療養環境の提供、また、医療人が働きやすい環境などをいろいろな角度から検討を行い市民に愛され、頼りにされ、市民の誇りとなる病院を目指しております。

 今年も救急医療、外傷診療、生活習慣病、高齢者医療、予防医療など地域に密着した医療を実践していく所存です。

 今年も荒尾市唯一の中核病院として、「いい病院づくり」に励みます。

追伸:新年早々の1月7日より、最新型のX線による骨密度測定装置が稼動いたします。骨密度が気になる市民の方々、受診をお勧めいたします。

病院事業管理者 大嶋壽海
平成31年 元旦