ホーム > ご案内 > 荒尾市民病院敷地内「全面禁煙」のお願い





 荒尾市民病院では、平成21年4月から敷地内禁煙を実施しております。
 受動喫煙がもたらす健康被害については、目鼻のかゆみ・痛みや喉の痛み、咳・呼吸抑制など不快感があり、慢性影響等によっては、がん・心臓疾患・呼吸器系疾患など疾病の危険が高まるものといわれています。

 平成15年5月1日に健康増進法が施行されましたが、第25条では「学校・体育館・病院・劇場など多数の人が利用する施設を管理する者は、これらの利用する人の受動喫煙を防止する措置をとらねばならない」とされています。
 平成17年2月27日には、世界保健機構(WHO)が発効した「たばこ規制枠組み条約」を日本はじめ世界146ヶ国が批准し、その中で受動喫煙防止が各国の責務であると定められています。加えて、平成19年7月4日、第2回約定国会議において、すみやかに公共の場での受動喫煙防止対策を実施・促進することが約束されました。
 具体的には、人が集まる場所の全面禁煙化、そうした施設内にいかなる形態の喫煙所も設けないこと、違反管理者への罰則を定めることなどとなっています。

 以上の状況を鑑み、当院において敷地内禁煙を推進しておりますので、ご理解とご協力をお願いします。