ホーム > ご案内> インフルエンザについて

 


                       

インフルエンザはインフルエンザウイルスを病原微生物とする感染症です。毎年11月頃から散発しはじめ、12月から3月頃まで流行します。発熱、関節の痛み、体のきつさなどが突然起こるのが典型的な症状です。高齢者やお子さん、糖尿病や喘息などの持病がある方は重症化しやすく注意が必要です。インフルエンザは予防のためのワクチンがあります。接種してから体の中に抗体ができるまでに2週間ほどかかる為、ワクチンの接種時期は流行前の10〜11月頃に行います。抗体ができた後、ワクチンの効果は約5か月程度持続するといわれています。ワクチンには一定の効果はありますが、接種したからといって絶対に罹らないわけではありません。もし、罹ったとしても重症化を防ぐ効果があります。(ワクチン接種についてはかかりつけ医にご相談ください) 

 

感染管理認定看護師
船原初美
 
 インフルエンザは飛沫感染にて広がります。また、感染者の飛沫に含まれるインフルエンザウイルスがドアノブなどの表面に付着していることもあり、それに触れてしまい、その後、鼻などを触ると粘膜からウイルスが体内に入り感染を引き起こす場合があります。その為、咳エチケット、外出後の手洗いの実施をお勧めします。咳エチケットとは、咳やくしゃみの際に出る飛沫には病原体を含んでいる可能性があるため、咳やくしゃみが出る際は@マスクを着用するA着用していない場合、ほかの人から顔をそらし、鼻や口を覆うことをいいます。予防をしていても、かかってしまった場合は、ほかの人にうつさないようにすることが大事です。咳が出る時はマスクをつける、部屋の換気を行う、お世話する人はこまめに手を洗うことが必要です。熱が下がった後も2日間程度はほかの人にうつす可能性がありますので対策を続けましょう。