ホーム > ご案内> ついに荒尾市民病院職員全員のBLS研修が終了しました


 
                                        統括診療部長 救急科 松園幸雅 

 
(Basic Life Supportの略称で心停止または呼吸停止に対する一次救命処置のことです)

 荒尾市は郡部における他市と比較しても有数の人口密集地です。つまり病院以外でアクシデントに出会う確率も多いことになります。 そうした中、急性期病院が提供できる安心は職員皆が一定のレベルの救命処置を実践できるよう準備しておくことです。全職員がBLSを実践できればこの地域の安全につながります。

 当院では、医療職員はもとより事務職員、・ボイラー技士、営繕係などの施設管理職員・食事を提供している栄養科の委託職員に至るまで、すべての職員が救命処置に係われるよう、今年度の新入職者及び中途採用職員にもBLS研修を実施しました。 人工呼吸を含む心肺蘇生及びAED(自動体外式除細動器)の操作を実践し体得したことは、もしもの場面で必ずや救命の役に立ちます。