ホーム > 健康講座 > 糖尿病教育 > 糖尿病と当院の取組み





糖尿病と当院の取組み
糖尿病教育入院


糖尿病教育

糖尿病と当院の取組み

糖尿病ってどんな病気?

 「糖尿病」という病気は、皆さんもよく耳にされると思います。糖尿病は、ほとんどの場合、自覚症状がありませんが、放置すれば血管に障害がおよび全身のさまざまな器官を蝕んでいき、末期には失明したり人工透析治療が必要となることもあります。さらに、糖尿病は脳卒中、心筋梗塞などの心血管疾患の発症・進展を促進することも 知られています。これらの合併症はQOL(生活の質)を著しく低下させるのみでなく、国の医療経済にも大きな負担を及ぼしています。    

糖尿病の動向

 糖尿病は、近年増加傾向にあり、2012年の調査では、糖尿病を強く疑う人は950万人、糖尿病予備軍まで含めると2050万人と推計されています。適切な血糖コントロールを行い、食生活を改善し、一生、糖尿病と上手につきあうことが必要となります。糖尿病についての正しい知識と自己管理の方法を習得することが治療の第一歩となります。  

当院の取組み

 当院では、患者様が糖尿病という疾患を少しでも理解できるように、そして治療(血糖コントロール)に積極的に取り組むためのサポートとして、糖尿病教育入院を実施しています。

 当院の糖尿病教育スタッフは、各専門職はもちろん、糖尿病療養指導士(※1)の有資格者も多く、充実した糖尿病教育を実践しています。

※1:糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士など)に対し、日本糖尿病療養指導士認定機構が与える資格です。