ホーム > 健康講座 > 健康のお話 > 「緑内障」早めの検診が大切







眼科  行徳 泰宏  


 自覚症状がないままに進行し、ある日突然、失明の恐怖に襲われる緑内障。今回は、この病気の特徴と予防法についてお話しします。まず、緑内障のメカニズムですが、一般には眼内圧が高くなって視神経が締めつけられ、視神経線維が死んでいくことによって起きます。その結果だんだん視野が狭くなり最後は失明する病気です。

 緑内障にはいろいろタイプがありますが、原発性の緑内障にかぎっていえば大きく2つに分けられ、開放隅角と閉塞隅角の緑内障があります。開放隅角緑内障は、じわじわと進行する慢性型の緑内障で数の上では圧倒的に多いです。

 男女を問わず40才以上で、自覚症状はほとんどなく、視野が狭くなってきていることを自覚した時はかなり進行しています。治療法は点眼療法で眼圧を下げる治療になります。点眼でだめならレーザーや手術になります。きちんと眼圧をコントロールすることにより、視野障害の進行をおさえることができます。

 閉塞隅角緑内障の方は急性発作でくることがあり、たいてい60才以上の女性です。ある日、急に頭が痛くなり、吐き気がしたりして視力が低下します。急性発作はすぐ処置しなければなりませんが、レーザーで虹彩に穴を開けるだけで済みます。

 最後に早期発見早期治療のアドバイスですが、一度失われた視野は二度と戻りません。自覚症状を待っていてはもう手遅れ。人間ドックと同じ考えで、40才を越えたら目のドックで必ずチェックすることです。眼圧検査だけでは、半分以上の患者を発見できません。視神経の状態を調べる眼底検査と視野検査も受けることです。