ホーム > 採用情報 > 臨床研修医 > 研修医

研修医
総合医養成プログラム
















 荒尾市民病院では、平成30年度の初期臨床研修医を募集しています。
 研修期間は平成30年4月1日から平成32年3月31日まで
  1.試験日 平成29年8月16日(水)
※時間、集合場所等は申込受付後にご案内します。
  2.申込締切 平成29年8月14日(月)必着
※下記の提出書類を郵送またはご持参ください。
  3.試験内容 小論文、面接
※医師臨床研修マッチングに参加します
  4.提出書類 履歴書、卒業見込証明書(または卒業証明書)、
健康診断書(就職一般)
  
  ※募集人数は4名で、募集の詳細については下記をご覧ください。

<基幹型臨床研修病院(荒尾市民病院)の概要>

1.プログラムの名称 荒尾市民病院群卒後研修プログラム
(初期研修:2年間)


2.研修期間 2年間
(平成29年4月1日から平成31年3月31日まで)


3.定員 4名

4.研修計画 救急:3ヶ月、内科:6ヶ月、
外科:3ヶ月、地域医療:1ヶ月、
麻酔・産婦人科・小児・精神科:各1ヶ月、
選択:7ヶ月


5.研修施設・病院(診療科名) 熊本大学医学部附属病院
日本医科大学付属病院
大牟田市立病院
医療法人新仁会 米の山病院
大牟田天領病院
特定医療法人杏林会 鴻江病院
医療法人洗心会 荒尾こころの郷病院
医療法人有働会 有働病院
いしかわ産婦人科


  研修医の処遇は下記のとおりです。
研修医処遇
項目
1年目
2年目
身分
常勤職員(地方公務員)
基本給与
月給制(病院の規定による)
賞与
あり
退職手当 あり
時間外手当
あり
医師業務手当
業務実績により評価する手当
勤務時間
8:30〜17:15(休憩1時間)
休暇
年次有給休暇(20日)、夏季休暇、年末年始 ほか
当直
あり(2万円/回) 回数:約4回/月
社会保険・労働保険
あり(共済保険、地方公務員災害補償基金)
勤務医賠償保険
あり
病院賠償保険
あり
宿舎
宿舎:近くの病院が契約したアパート(レオパレスなど)を提供。
病院負担は8割(自己負担は1万円前後)
食事処:宿舎の近傍は新興住宅地で、多数の飲食店あり。

  <医師募集のお問合せ先>
  荒尾市民病院 総務課 総務係(内線511)
        
  〒864-0041 熊本県荒尾市荒尾2600番地
  TEL 0968-63-1115(代表)  FAX:0968-63-1189
  E-mail:hospital@city.arao.lg.jp