ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 認定看護師のご紹介




看護部の紹介
看護体制・方式
教育・研修
各看護単位のご紹介
認定看護師のご紹介
    認定看護師通信
  認定看護師講座
病院見学のご案内


















看護部

認定看護師のご紹介

看護のスペシャリスト認定看護師の活動紹介

当院では、新しく2名が加わり現在6名の認定看護師が活躍しております。(平成25年8月現在)
認定看護師とは、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践の出来る看護師の事を言います。看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図る事に貢献する役割があります。


がん化学療法看護師 森田 茂美

 がん化学療法看護認定看護師は、化学療法(抗がん剤治療)を行う患者さまが治療を納得して、安全かつ安楽に治療を受けられるように、患者さま・ご家族・看護スタッフをサポートする役割を担っています。患者さま・ご家族により質の高い医療を提供していくため、関連職種の方々との有効な連携に基づきチームの一員として、また、質の高い看護を提供していくため、看護スタッフとともに知識・技術の向上を目指し努力していきたいと思います。




緩和ケア認定看護師 松山 美保

 緩和ケアとは重い病気を抱える患者さんとご家族の身体や心のつらさをやわらげ、「その人らしく」より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。緩和ケアチームの専従看護師として、つらさをできる限り緩和し、患者さんの生活やご家族をサポートするために、様々な職種のメンバーと協力し、チーム医療で支えて行きます。
 また、入院患者さんの対応だけでなく、地域・在宅で療養している患者さんの相談に対応しています。がんなどの病気を診断された患者さんやそのご家族で、治療や生活についてお困りの方はお気軽にご相談ください。
 外来から入院、そして退院後は地域と連携し、患者さんとご家族に寄り添いその人らしさを支えていくことを目指しています。





皮膚・排泄ケア認定看護師 松山 直美

 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、スキンケア(全身の皮膚ケア)を基盤とした活動を行っています。具体的には、
1.創傷ケア
床ずれの予防及び発生時のケア、テープによる皮膚障害予防、胃ろうや手術後創のケアなど
2.ストーマ(人工肛門ケア)
ストーマ(人工肛門)における皮膚障害予防・発生時のケアや日常生活で困っている方への指導、ストーマ手術前後のケアなど
3.排泄ケア
排泄障害で悩んである方、失禁のある方やその介護をされている中で困っている事、それに伴う皮膚障害など3領域において、日々頑張っています。
 当院にご入院の患者さん及び家族の方、外来通院中の方、その他近隣施設の方、どなたでもスキンケア(皮膚のケア)や排泄に関する相談をお受けしていきます。




 救急看護は、老若男女・時・場所を選ばず、疾病、外傷、中毒などさまざまな病態を有したあらゆるライフステージの患者様とそのご家族の方を対象に、発症・受傷時から社会復帰するまで精神面の看護に至る幅広い領域をカバーする分野です。また、災害・地域医療なども含めた幅広い活動領域も担っています。
 常に予測性、準備性、即応性を持った対応が求められ、少ない情報の中から重症度・緊急度を迅速に判断し、患者様の病態を把握したうえで、急激な状態変化に即応した看護実践と精神的支援ができるように努めております。看護スタッフへ救急看護における研修や指導を行いながら、患者様の救命はもちろん、社会復帰、社会的背景を踏まえたケアの提供を行い、心身の障害を最小限にとどめ、一日でも早く回復できるよう当院の救急看護の質向上を目指していきたいと思います。




 脳卒中は日本人の死因第4位、寝たきりになる原因の第1位を占めています。 人口の 高齢化に伴い脳卒中患者数の増加が予測されます。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割は、脳卒中患者の発症直後から在宅におけるまで、その人らしい生活の再構築に向けて、質の高い看護実践を行っていくことです。 
 当院は、熊本県より「脳卒中」診療の拠点病院に指定されています。当院では、年間約300名程の脳卒中の患者さんを治療する中、急性期から生活背景を把握し、出来なくなったことより、出来ることに着眼し、見守る看護を提供することです。また突然の障害という人生の出来事の中でも、その人らしさをその家族、チームで考え、支えて、在宅(地域)に帰ることを目標に活動していきたいと思います。




 感染管理認定看護師は医療施設を利用する患者さん、ご家族、訪問者はもちろん、現場で働くすべての人々を感染源から守ることが主な役割となります。患者さんが安心して療養でき、また、職員が安心して働ける環境づくりのために活動します。
 具体的には、医療関連感染の把握や現場での指導・相談、施設内のすべての人々の職業感染の防止などを実施します。感染対策は日々進歩しています。感染に関する新しい知識を取り入れながら、院内の感染対策の向上を目指し、努力していきたいと思っています
    2012年から認定開始となったまだまだ新しい分野であり、循環器領域に特化した初めての認定分野です。
 「心不全」とは、あらゆる心臓の病気の『最終的な状態』と言われています。心不全は、急性増悪を繰り返しながら進行していきます。このような心不全患者さんの、安定期・増悪期・終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援、心不全増悪因子の評価及びモニタリングを、少しずつではありますが実践させて頂いています。   
 また、心不全増悪による再入院は、退院後6カ月以内で27%、1年後では35%(JCARE−CARD)と言われています。このデータからも分かるように、心不全の患者さんにとって最も重要なのが増悪予防の為の『自己管理教育』です。病棟スタッフと共に患者さんが自分らしく、自分の住みなれた環境で少しでも長く過ごせるように『自己管理教育』に力を注いで頑張っています。
   
     こちらから、「平成29年度 認定看護師講座年間計画」がご覧いただけます。
 



     こちらから、最新版の「認定看護師通信」をご覧いただけます。
 


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
(Adobe社から無償提供)