ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査













放射線技術科


 放射線技術科は、「患者様中心の医療を目指し、安全・安心な医療を提供できるように常に自己研鑽に努め、医療水準の向上に励みます」を目標に掲げ、医師・看護師等とチームを組み、日々の業務に研さんしています。
 診療放射線技師は、主に放射線を発生する医療機器を操作し、身体組織の情報を精細な医療画像情報として正確にとらえ、診断治療する医師に提供しています。検査にあたっては、「優しく丁寧にできるかぎり迅速に」をモットーとしています。また、放射線被ばくをできるかぎり少なくするように努力しています。
 今日医療界もIT化が進み、画像情報関係もフィルムレス化時代になりました。当院も、平成20年5月より完全フィルムレスになり、診療のさらなる精度向上とスピード化が図れるようになりました。

検査紹介


 ここでは、検査に利用しているさまざまな装置・検査についてご紹介します。
ご不明な点がございましたら、当院放射線部スタッフにお気軽にお尋ねください。
 ○透視検査
 ○マンモグラフィー検査
 ○血管造影検査
 ○CT検査
 ○MRI検査
 ○放射線治療
 ○RI検査

取得免許


第一種放射線取扱主任者
1名
放射線管理士 1名
マンモグラフィー検査技能認定技師
4名
医用画像情報管理士
2名
実習施設指導者
2名
CT検査技能検定技師
1名
MR検査技能検定技師
1名
放射線治療専門技師 2名
放射線治療品質管理士 1名
医療情報技士 1名
アドバンス診療放射線技師 2名
個人情報保護士 1名 

医用画像情報システム


 当院では、平成20年5月よりフィルムレス運用を開始いたしました。6.4Tの画像サーバと73台の高精細モニターを外来および入院の各部署に設置しております。
 これにより、撮影終了後数分で依頼科に画像が転送され、前回の画像や他のモダリティとの比較も容易となりました。以前のように患者さま自身にお渡しした撮影フィルムを診療科受付までお持ちいただくこともなくなったため、診療のスピードアップを図ることができ、診断の精度向上にも結び付いております。また、フィルムが不要となることで費用も減少するため、経営改善にも貢献し、環境にも優しいシステムです。
 今後も患者さまに最良の医療と安心を提供するため、努力いたします。