ホーム > 病院紹介 > 沿革

















沿革

昭和16年
東京第二造兵廠荒尾製造所の診療所として創設
昭和20年12月
荒尾・大牟田両市共立病院として運営
昭和24年 4月
荒尾市民病院と機構を改める
昭和39年10月
救急医療機関として指定を受ける
昭和43年 4月
人間ドック開始
昭和43年 6月
5階建病棟(現中央病棟)、物寮棟新築
昭和48年11月
3階建慢性病棟(現北病棟)新築
昭和48年12月
人工透析センター開設
昭和49月 4月
ICU開設
昭和61年 6月
結核病棟廃止
平成 3年10月
外来診療棟(現南病棟)増築
平成 4年 3月
外来管理棟(現南病棟)改築
平成10年 1月
放射線治療室改造(リニアック装置導入)
平成11年 4月
伝染病棟(15床)を感染症病床(4床)に減床
平成12年 2月
療養型病棟開設(34床)
平成12年12月
病院機能評価認定Ver.3.1(一般病院種別B)
平成14年 3月
病院総合情報システム(オーダリングシステム他)稼働
平成17年12月
病院機能評価認定Ver.5.0(一般病院種別B)
平成18年12月
療養型病棟廃止
平成19年 3月
7対1看護体制施行
平成19年 7月
セカンドオピニオン外来開設
平成20年 2月
地域がん診療連携拠点病院指定
平成20年 4月
熊本県脳卒中急性期拠点病院指定
平成21年 4月  熊本県急性期心筋梗塞急性期拠点病院指定
平成21年 4月 地方公営企業法の全部適用の施行
平成21年10月 新病院総合情報システム(電子カルテ他)稼働 
平成22年 4月 精神科を追加標榜
奨学金貸付制度(医学生・看護学生)施行
院内保育所”キッズ☆ランド”の開園(定員20名)
平成22年 9月 旧伝染病棟の撤去(解体)(放射線治療センター建設に伴い) 
平成22年11月 病院機能評価認定Ver.6.0(一般病院種別B)
病院北側駐車場・放射線治療センター予定地の遺跡調査
平成23年 3月 病院北側職員駐車場 完成(新規取得部分約3,413u)
平成24年 4月 放射線治療センター開設 
平成24年 7月 がんサロン「ひまわり」開設 
平成25年 6月 放射線治療装置更新 
平成25年 7月 心臓カテーテル装置導入 
平成25年 9月 救急医療功労者厚生労働大臣表彰受賞 
平成26年10月 回復期リハビリテーション病棟入院料3 40床開設
平成26年12月 地域医療ネットワークシステム(ありあけネット)稼動
平成27年3月 核医学検査装置(SPECT)導入
平成27年4月 回復期リハビリテーション病棟入院料2基準取得
平成27年7月  診療録管理体制加算1
平成27年11月 ハイケアユニット入院医療管理料2→1 
平成27年12月 病院機能評価認定3rdG Ver1.1(一般病院2)