平成29年度 荒尾市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 27 70 62 101 157 259 796 982 1027 361
平成29年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は、入院時の満年齢です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢結石の腹腔鏡下手術あり 42 6.98 6.64 2.38 62.79
060335xx02000x 炎症を伴う胆嚢結石の腹腔鏡下手術あり 40 8.40 7.40 0.00 64.25
060210xx99000x イレウス 33 9.42 8.98 3.03 71.00
060102xx99xxxx 結腸憩室症 31 6.97 7.87 0.00 61.65
060035xx01000x 結腸癌の手術あり 22 16.14 15.61 4.55 76.82
外科では、主に消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がん、胆嚢・胆管がん)、乳がん、肺がん、甲状腺がんなどの治療を行っています。診断から治療まで一貫して行っていますので、患者様の全身の状態とがんの進行度に応じて、内視鏡的治療、鏡視下手術、開腹、開胸手術、化学放射線療法、緩和医療などを適切に選択し、組み合わせることによって最適なオーダメイドの治療を受けることができます。
 食道がん、胃がん、大腸がんに対する鏡視下手術には特に力を入れております。 胆石症、総胆管結石症、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア(成人、小児)などの良性疾患に対しても、鏡視下手術を取り入れることにより、傷が小さく術後の痛みが少ない、回復が早い手術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折の手術あり 114 32.54 27.09 73.68 85.98
160760xx97xx0x 前腕骨折の手術あり 32 12.00 5.21 12.50 64.41
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎骨折 18 17.72 19.94 72.22 81.17
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折手術あり 17 8.18 5.54 5.88 37.75
160980xx99x0xx 骨盤損傷手術なし 11 20.55 19.97 72.73 83.27
当院は、骨折・関節リウマチ・首や腰等のヘルニアなどの治療をおこなっています。治療法としては、保存療法と手術療法があり、まずできるだけ手術をしないで、薬や運動などによって治す保存療法を行います。手術が必要な場合は、代表的な手術として骨折の場合「骨接合術」や、人工物でできた骨頭に置きかえる「人工骨頭置換術」等があります。また当院は、『回復期リハビリテーション病棟』を有しており、急性期の治療(手術など)が終了すると回復期リハビリテーション病棟へ転棟していただき、在宅復帰を目指します。リハビリテーションを中心とした生活能力の向上訓練等をおこなう為、入院が長期になり、平均在院日数が全国平均より長くなっております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 94 18.78 17.71 12.77 80.23
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 、心臓カテーテル検査あり 75 3.76 3.03 5.33 70.77
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患、カテーテル治療あり(PCI等) 48 7.88 4.62 0.00 71.46
050030xx97000x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞カテーテル治療あり(PCI等) 31 16.77 12.72 6.45 69.45
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカ手術あり 29 12.03 11.21 13.79 81.17
当院は、熊本県北地域において急性心筋梗塞の拠点病院として、24時間緊急心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術が対応可能な唯一の施設です。他の循環器領域の急性疾患にも対応可能であり、地域医療の維持を目標として高度な医療を提供しています。虚血性心疾患だけでなく、生活習慣病の増加や高齢化に伴い問題となっている下肢閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患に対してもステント留置術などの血管内治療を行っています。さらに徐脈性不整脈疾患患者さんに対してペースメーカー植え込み手術も行っています。また、心大血管リハビリテーション認定施設基準Ⅰを満たしており、急性期から慢性期までトータルに高度な専門医療を提供することが可能です。今後当地域では、高齢人口の増加により、心不全患者さんの急増が予想され、心不全に対しても心臓リハビリテーションを積極的に行っており、在宅復帰を目指した治療を進めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 脳出血の保存的療法(JCS10未満) 43 56.16 19.10 37.21 73.00
160100xx99x00x 頭部外傷 42 29.95 7.34 16.67 70.29
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫の手術 36 51.36 11.75 16.67 79.89
010040x199x00x 脳出血の保存的療法(JCS10以上) 28 45.75 21.36 57.14 74.21
160100xx97x00x 急性硬膜外血腫・頭蓋内に達する開放創合併なし 12 16.58 9.68 16.67 71.33
当院は、県の医療計画の中で対策が講じられている4疾病5事業のうち「脳卒中」については、県北で唯一の脳卒中拠点病院に指定されています。
 日本の3大死因の一つである脳卒中は、少しずつ悪化する事はまれで、短時間の間に症状の変化を招く事が多く、救急車で来院される人がほとんどです。症状で判断し、脳卒中が疑われた場合は、レントゲンやCTスキャン、MRIによる検査が行われます。治療法は大きく分けて、薬による治療(内科治療、保存的な治療) と手術による治療(外科治療)の2つ があり、出血の量と症状の強さ、治療中の容態の変化などによって決まります。当院は、『回復期リハビリテーション病棟』を有しており、急性期の治療(手術等)が終了すると回復期リハビリテーション病棟へ転棟していただき、理学療法士による運動療法や言語聴覚士による言語療法等をおこない、在宅復帰を目指します。リハビリテーションを中心とした生活能力の向上訓練をおこなう為、入院が長期になり、平均在院日数が全国平均より長くなっております。

(JCSとは、意識障害患者の状態を評価するための指標です。(例)JCS10は、刺激に応じて一時的に覚醒し、普通の呼びかけで開眼するレベル)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 脳保護療法あり 33 56.27 16.38 9.09 71.33
010160xx99x00x パーキンソン病、パーキンソン症候群 26 36.19 18.66 19.23 78.19
010060x2990201 脳梗塞 脳保護療法あり 18 42.39 16.51 27.78 80.06
010230xx99x00x てんかん 15 16.00 6.32 13.33 58.33
010230xx99x20x てんかん 検査あり 15 20.87 14.54 0.00 59.20
 当院は、急性期脳卒中拠点病院として脳血管障害患者さんを24時間・365日積極的に受け入れています。脳梗塞に対して、超急性期の血栓溶解療法(rt-PA静注療法)に対応しています。カテーテルを用いた血管内治療が必要な場合には、早急に近隣病院と連携しながら最適な治療法を選択します。また、頸動脈狭窄症に関しては、諸検査を行い最も適した治療(内科治療、頸動脈ステント留置術、頸動脈内膜剥離術)を選択します。全国的に急性期病院にはめずらしいのですが、当院には回復期リハビリテーション病棟がありますので、急性期から回復期リハビリテーションまで切れ目のない診療を行い、自宅復帰を目指します。リハビリテーションを中心とした生活能力の向上訓練等をおこなうため、入院が長期になり、平均在院日数が全国平均より長くなっています。
 地域の高齢化に伴い増加している認知症、パーキンソン病といった神経難病疾患にも積極的に対応しています。MIBG心筋シンチ、DATスキャンなどの検査を駆使して、認知症やパーキンソン症候群の鑑別診断を行います。診断後には適切な薬物治療、介護、福祉の調整、そして、最近では、神経難病に対するリハビリテーションを積極的に行い、生活の質の向上を目指します。脳神経外科や看護師、リハビリ部門、薬剤部門、放射線部門、医療相談員といった多職種との密接な連携に基づくチーム医療により、脳血管障害を中心とした急性神経疾患、神経難病に対して患者様目線の最適な医療を展開します。
 脳梗塞の症例に関しては、平成28年度173件、平成29年度は189件となっています。
 

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 抗がん剤治療あり 23 21.78 16.48 4.35 75.91
130010xx99x2xx 急性白血病 抗がん剤治療あり 14 18.79 13.34 0.00 79.00
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 抗がん剤治療あり 11 13.82 13.89 0.00 68.82
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血・抗がん剤治療あり
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 抗がん剤治療あり
無菌治療室は、現在4部屋整備していますが、県北地域では唯一、荒尾市民病院に設置されているもので、普通の病室と比較すると、室内の空気中のほこりの数が20分の1以下で、室内では滅菌水の供給も常時可能です。白血病、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群などの造血器疾患の初期治療では、細菌や真菌による肺炎や敗血症などの感染症対策予防を左右する非常に重要なポイントになります。この部屋では抗がん剤で白血球が著減する急性白血病の治療のみならず、自家幹細胞移植術も十分実施可能です。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
代謝・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病合併症なし 53 19.04 14.27 0.00 64.08
100070xx99x110 2型糖尿病 腎合併症あり インスリン注射あり 10 21.40 15.87 10.00 62.80
100070xx99x000 2型糖尿病腎合併症あり
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス
100210xxxxxxxx 低血糖症
糖尿病に関しては、多様なニーズに対応して、①教育入院プログラムを用意しており、糖尿病食の体験、実践的な運動療法、動脈硬化症の評価などが行えます。また医師、管理栄養士、看護師、理学療法士、臨床検査技師、薬剤師らによる毎日30分間の糖尿病教室を実施しています。②外来では、特定健診・ドック後からの初期糖尿病の治療導入をはじめ、インスリン療法、自己血糖測定器の導入も行っています。また、平成20年11月から糖尿病足病変予防のための「フットケア外来」、平成24年9月より糖尿病透析予防管理指導も行っています。
 脂質異常症、高尿酸血症は、栄養指導と必要に応じて薬物療法を導入します。甲状腺疾患は血中ホルモン濃度の評価、エコーでの形態評価を基に診断し、主に外来で治療します。
 その他、下垂体腫瘍、副腎腫瘍にともなう内分泌異常は、脳神経外科、放射線科、外科と連携して検査・治療にあたるほか、関連施設である熊本大学代謝・内分泌内科とも連携して治療を行います。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110290xx99x00x 急性腎不全 14 10.57 14.30 21.43 70.57
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント手術あり 13 10.92 8.50 7.69 69.69
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 12 19.92 12.23 25.00 80.08
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 透析あり 11 13.27 14.55 18.18 63.18
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント手術、透析あり 10 59.00 36.38 50.00 66.20
腎臓内科・腎センターでは、365日・24時間体制で緊急透析が可能です。腎臓内科の平成29年度入院患者延べ数は3,971人、外来患者延べ数は2,359人、透析患者延べ数は7,737人でした。血液透析では、同時に25名の治療が可能です。腹膜透析は毒素を抜いてくれる透析液をお腹に出し入れして自分で透析を行う方法です。それぞれ一長一短がありますので、患者様とよく相談して選択しています。また、腎移植は高次医療機関への紹介実績があります。
 5番目のDPCコード 平均在院日数(59.00日)については、ステロイド寛解導入治療等により、1ヶ月以上要する症例も対応しており、血液疾患の治療等(転科)で全国平均よりも長くなっています。(在院日数(中央値)34日)
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 子宮脱 手術あり 26 10.54 9.27 0.00 70.31
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 腹腔鏡下手術あり 12 7.75 6.37 0.00 37.75
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等
120010xx01x0xx 卵巣の悪性腫瘍 悪性腫瘍手術等
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下手術
婦人科では、手術療法、放射線療法、化学療法などの治療法を駆使して治療に取り組んでいます。
産科では貴重な生命の誕生を、安全で安心していただける体制でしっかり取り組んでいます。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 17 21.06 20.83 41.18 83.06
100380xxxxxxxx 脱水症 10 6.30 9.16 40.00 76.10
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 10 17.40 12.34 30.00 83.00
161070xxxxx00x 薬物中毒 10 5.90 3.58 0.00 54.50
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群
当院の救急科には、常勤医師2名が専従勤務しています。この救急専従医2名の配置は、県内熊本市以外では当院のみです。短時間内に救命処置を行えば助かる”preventable death”をいかにして救命するか、これが救急外来の使命ですので、365日24時間体制で、有明地域の患者の救命に当たっています。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 23 1 7
大腸癌 10 17 19 11 55 1 7
乳癌 15 1 7
肺癌 1 7
肝癌 11 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 ※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約
 5大がんと呼ばれる『胃がん』『大腸がん』『乳がん』『肺がん』『肝がん』の患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、再発に分け集計しています。
 UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められたガイドラインです。
①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。当院では、1:UICC TNM分類に基づいて、病期分類を決定しております。
 初発とは、当院において当該腫瘍の診断、初回治療を実施した場合を指します。
 再発とは、抗がん剤治療を目的とした計画された短期入院の繰り返し等を含みます。自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

 平成24年4月に城北地区で唯一の『放射線治療センター』を開設し、放射線治療専門医が常駐しております。そのため、県内からのみでなく近隣の連携先医療機関から紹介された患者さんの放射線治療も行っています。

※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 45 16.60 81.36
重症 10 20.90 88.40
超重症
不明
重症度は、市中肺炎(※1)ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)(※2)により分類します。
※1 市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です
 【肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)※2】
①男性≧70歳、女性≧75歳
②BUN≧21または脱水(+)
③酸素飽和度≦90%
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤sBP≦90mmHG
(5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。)
軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 174 57.74 78.02 26.40
その他 23 61.39 77.74 1.02
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 115 0.40 1.09 0.87 70.71
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 91 3.62 5.56 5.49 64.75
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 59 1.42 2.80 1.69 60.98
K654 内視鏡的消化管止血術 31 0.35 11.39 25.81 78.35
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 5.48 14.77 6.45 75.52
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 105 3.10 30.82 66.67 83.55
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 41 4.61 35.12 63.41 84.15
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 34 4.29 16.00 17.65 62.59
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 25 2.32 11.96 16.00 52.56
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 25 1.00 2.76 0.00 54.40
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 45 2.64 5.42 6.67 72.80
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 25 4.64 9.64 8.00 80.12
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 20 0.05 17.50 10.00 69.55
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 18 0.06 16.17 5.56 72.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 12 2.50 5.50 16.67 77.75
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 2.40 46.68 20.00 80.98
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
K1742 水頭症手術(シャント手術)
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 28 8.82 21.21 21.43 69.57
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 24 1.00 8.63 0.00 70.13
K867 子宮頸部(腟部)切除術 13 0.00 1.85 0.00 41.92
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 12 1.17 5.58 0.00 37.75
K877 子宮全摘術
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 0.81 1.53 0.00 70.03
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 27 0.70
180010 敗血症 同一 14 0.36
異なる 29 0.75
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.57
異なる
入院契機病名と傷病名が同一か異なるかに分けて、集計しています。傷病名が入院契機となった傷病名と異なる場合、今回の入院目的よりも、入院中に発生した上記4疾病の方がより医療資源を投入したということになります。
※「-」は、症例数が10件未満のため非表示となっています。
更新履歴
2018/10/1
「病院情報の公表」の公開
厚生労働省通知の【平成30年度「病院情報の公表」に係るFAQ】より診療科の上位全ての患者数が10件未満の場合は、公表しておりません。