ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 消化器内科・消化器病センター



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

消化器内科・消化器病センター

概要

 消化器内科は、食べ物の通り道となる食道、胃、腸と、また栄養分を吸収するために働く肝臓、胆道、膵臓など消化器について専門的に治療を行う診療科です。主に腹痛や嘔気、胸やけ、食欲不振、下痢、便秘、血便などの診断や治療を行っています。

主な疾患

・胃関係 (胃潰瘍、胃がん)
・腸関係 (十二指腸潰瘍、イレウス(腸閉塞)、大腸ポリープ、大腸がん)
・肝臓関係(肝炎、肝硬変、肝がん)
・胆道関係(胆石症、胆のうがん)
・膵臓関係(アルコール性膵炎、膵臓がん)

当院の消化器内科・消化器病センター

 消化器の検査や治療については、消化器病センターで対応しており、胃カメラや大腸カメラなどを使い、消化器系疾患の早期発見に努めています。
 治療については、ポリープの場合、内視鏡を使った切除(ポリペクトミー)を実施しています。また、当院では、早期の食道がん、胃がん、大腸がんに対しては、専門医による内視鏡的粘膜切開剥離法(ESD)を導入し、広い腫瘍であっても一度できれいに取ることが可能です。内視鏡では取りきれないがんに対して、外科医による鏡視下手術を積極的に行い、病院内連携により患者様に優しい治療を目指しています。

こんな時に受診します

消化器内科は、
 ・胃部不快感
 ・胃の痛み
 ・吐き気
 ・食欲不振などの症状がある
 ・健診で消化器系の指摘をされた
時の担当科です。



消化器病センター参考資料