ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 小児科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

小児科

概要

 新生時期から幼児期、学童期、思春期にいたる小児の一般・身体的疾患について診療を行う科です。

主な疾患

・感冒(かぜ)
・発熱
・胃腸炎
・喘息
・じん麻疹

当院の小児科

 小児科では、常勤医師により小児科の入院・外来診療、非常勤医師による一般的な小児外来診療を行なっています。また、毎週木曜の午後は予約制で再来患者さんの専門的な診療も行っています。
また「平日夜間小児救急診療」については、荒尾市医師会の協力を得て、当番制で平日午後7時から午後10時まで市民病院救急外来等で実施されています。詳しい実施表については、毎月1日号の『広報あらお』でお知らせしています。

こんな時に受診します

小児科は、
 ・食欲が無くぐったりしている
 ・うとうとして眼の動きが悪い
 ・うめき声が聞こえる
 ・5分以上けいれんが続く
 ・毒物等を誤飲した
時は、早めの受診をお勧めします。
 また、小児科を受診する目安として「食欲」「機嫌」「睡眠」「快便」の4つの子どもの健康徴候を観察していただきたいと思います。