ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 形成外科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

形成外科

概要

 形成外科は、からだの表面にある皮膚や皮下脂肪、筋肉の外傷や腫瘍などを治療対象とし、機能や形態の回復を考慮しながら、生まれつきの病気や、けが、ガンなどで変形したり、失われたりしたからだの表面や骨格の異常を、形成外科的手術手技により健常に近い状態に戻して、患者様の社会生活の質的向上に貢献する専門領域です。

主な疾患

・外傷(交通事故等による顔面骨骨折など)
・皮膚腫瘍(できもの)
・爪の色素線条
・潰瘍(床ずれ)
・術後欠損(できもの等とった後の再建)
・先天奇形(唇裂・口蓋裂、手足の先天異常など)
・美容(重喩、隆鼻術)

当院の形成外科

 形成外科では、毎週月・水・金曜の午後から常勤医師による形成外科外来診療や手術を行っています。
 治療方針は他科との連携を大切にし、患者様と十分に相談の上で決定します。また、どんな小さい傷にでも「できるだけ目立たない、きれいな傷跡」とすることを心がけて治療を行っています。

こんな時に受診します

形成外科は、
 ・傷跡をきれいにしたい
 ・顔のできものを取りたい
 ・巻き爪が痛い
 ・まぶたが下がってきて見えにくい
 ・肝斑、しみ・あざが気になる

 
 この度新たに導入されたQスイッチヤグレーザー「MedLite(メドライト)C6」は通常のしみやソバカス治療に加え、治療が難しかった肝斑や炎症性色素沈着にも高い効果があり、安全性に優れているのが特徴です。

 これまでは肝斑の治療にレーザーは禁忌とされていましたが、この「MedLite (メドライト) C6」というQスイッチヤグレーザーは2種類の波長を持っており、「レーザートーニング」という、肝斑を悪化させることなく改善できる専用の照射モードが搭載されています。

 レーザートーニングは、肝斑のほかに開いた毛穴やくすみにも効果的で、治療後には肌がつるつるになったり、産毛の除毛作用もあります。
回数を重ねるごとに角質が柔らかくなり、透明感のある輝いた肌になります。

 興味のある方はお気軽に当院形成外科外来までお問い合わせください。


Qスイッチヤグレーザー
「MedLite(メドライト)C6」

<適応>
・肝斑 
・老人性色素斑
・脂漏性角化症
・雀卵斑(ソバカス)
・真皮メラノサイトーシス
(両側性遅発性太田様色素斑)
・太田母斑
・異所性/持続性蒙古斑
・毛穴の改善
・くすみ、黒ずみ 肌質の改善


<手技料(税抜)>
【目安】※詳細は診察の際にお伝えします。
・肝斑・・・1回:6,000円
・しみ・あざ・・・直径1p:9,000円、直径2p:18,000円
直径4p:24,000円(金額は目安としてお考えください)





形成外科参考資料

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
(Adobe社から無償提供)