ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 脳神経外科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介



  ◇日本脳神経外科学会研修指定病院
  ◇日本脳卒中学会認定研修教育病院

概要

 脳神経外科は、脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患について専門的に治療を行う診療科です。

主な疾患

・高血圧性脳内出血
くも膜下出血
脳梗塞
・外傷性頭蓋内出血
・脳挫傷
・脳腫瘍
けいれん(てんかん)



 現在当院は、県の医療計画の中で対策が講じられている4疾病5事業のうち「脳卒中」については、県北で唯一の脳卒中拠点病院に指定されています。
 日本の3大死因の一つである脳卒中は、少しずつ悪化する事はまれで、短時間の間に症状の変化を招く事が多く、救急車で来院される人がほとんどです。症状で判断し、脳卒中が疑われた場合は、レントゲンやCTスキャン、MRIによる検査が行われます。治療法は大きく分けて2つあり、薬による治療(内科治療、保存的な治療) と手術による治療(外科治療) があり、出血の量と症状の強さ、治療中の容態の変化などによって決まります。当院は、日本脳神経外科学会研修指定病院および日本脳卒中学会認定研修教育病院であり、専門的に訓練された看護師のいる集中治療室で、循環器内科、呼吸器内科医師との十分な連携を保ちながら、きめ細かい治療を実施しており、患者様が安心していただける体制をとっています。術後も理学療法士による運動療法や言語聴覚士による言語療法等、能力を最大限に回復していただけるように計画的にリハビリを進めています。
 
 <外来診療>
  ・頭痛やめまいなどの精査、治療
  ・パーキンソン病など変性疾患の診断、治療
  ・痴呆やもの忘れ患者さんの精査、治療
  ・脳血管障害の患者さんの再発予防
  ・顔面痙攣などに対するボツリヌス毒素注入療法
  ・正常圧水頭症の検査(シャント手術で治療可能な痴呆)
  ・てんかんや意識消失発作の原因精査と治療
  ・最新のMRIによる脳動脈瘤や脳梗塞の早期発見

 <入院診療>
  ・脳血管障害(脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血など)
  ・頭部外傷
  ・慢性硬膜下血腫
  ・脳梗塞に対するtPA治療



脳神経外科参考資料