ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 麻酔科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

麻酔科

概要

 麻酔科は手術の際に立ち会う医師の中で、麻酔を専門に行う診療科です。

当院の麻酔科

 当院で行われる全ての全身麻酔と一部の局所麻酔を担当しており、優秀な麻酔科医が常勤しているため、安心して長時間に及ぶ手術も受けられます。
 全身麻酔施行中の患者様は、手術という刺激を体に受けるだけでなく、麻酔という刺激をも体に受けるためさまざまな医学的な反応が起こります。例えば、血圧が上昇しすぎたり、逆に下がり過ぎたりなどです。これらをうまくコントロールしないと手術中、もしくは手術後の患者様の命に影響が及びます。当然、痛みのコントロールも必要で、麻酔科医は手術前から患者様を診察して患者様の状態を把握して、手術中はもちろん手術後も患者様を診ていきます。また、重症な患者様は、手術後も救急・集中治療室(ICU)というところで軽快するまで麻酔科医が責任を持って治療にあたります。
 もう一つ、麻酔科医が行う仕事に、ペインクリニックといって、痛みに関する外来の仕事があります。麻酔科医が専門とする神経ブロックの手法を用いて「帯状疱疹痛」「腰下肢痛」「顔面神経麻痺」等の治療を主に行っています。神経ブロックというのは、神経の近くに針を刺し、神経を一時的に麻痺させる方法で、ブロック施行後30分〜1時間ほど安静にして頂いた後に、ご自分で帰宅して頂けます。

こんな時に受診します

麻酔科は、
 ・手術前後
 ・急性疼痛疾患
 ・慢性疼痛疾患
時の担当科です。



麻酔科参考資料