ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 泌尿器科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

泌尿器科

概要

 泌尿器科は尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)や前立腺などに対する疾患の診断、治療を行うところです。

主な疾患

・前立腺肥大(尿道を圧迫し、排尿障害を起こす)
・膀胱がん(悪性腫瘍)
・前立腺がん(悪性腫瘍)
・尿路結石症(尿の通り道に石が出来る)
・尿路感染症(細菌が尿路の中に入る)

当院の泌尿器科

 前立腺肥大の一般的な治療は、内服薬や内視鏡を使用した手術ですが、当院では、その中間に位置する治療として、金属製のステント(筒)を圧迫されている尿道に留置し、このステントの中を尿が流れて出るようにする「尿道ステント留置」も多く手がけています。また、膀胱がん治療として、早期のものは内視鏡手術で治療可能ですが、進行したものは、放射線科と連携して薬剤の動脈内注入療法を行っています。この結果、多くの患者さんが膀胱を摘出することなく温存することが可能となっています。

こんな時に受診します

泌尿器科は、
 ・血尿が出た
 ・トイレが近い
 ・排尿するとき痛みがある
 ・残尿感がある
 ・健診の尿検査で異常を指摘された
時の担当科です。