ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 神経内科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介



概要

 神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉からなる神経系の疾患を担当する科です。神経系の病気では多岐にわたる様々な症状を呈します。頭痛、めまい、しびれ、脱力、筋肉のやせ、ふるえ、歩行障害、認知機能低下などです。詳細な病歴聴取、神経診察で病気の種類や障害部位を予想し、それに基づきに適切な検査を行い、診断に至ります。診断後は、手術が必要である疾患(外傷、脳腫瘍、脳出血、くも膜下出血など)は脳神経外科に相談し、それ以外の神経疾患を神経内科が担当します。

主な疾患

・脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)

・神経難病(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)

・認知症
(アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉型認知症など)

・神経感染症(髄膜炎、脳炎など)

・神経免疫疾患(多発性硬化症、重症筋無力症など)

・末梢神経障害
(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性ニューロパチーなど)

・筋疾患(筋炎、筋ジストロフィーなど)

・頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、薬物乱用頭痛など)、てんかん

 めまい(良性発作性頭位性めまい症、前庭神経炎、脳血管障害など)




 当院の神経内科は、脳神経外科や看護師、リハビリ部門、薬剤部門、放射線部門、医療相談員といった多職種との密接な連携に基づくチーム医療により、脳血管障害を中心とした急性神経疾患、神経難病に対して患者様目線の最適な医療を展開します。

 脳梗塞においては、急性期脳卒中拠点病院として超急性期の血栓溶解療法(rt-PA静注療法)やカテーテルを用いた血管内治療に対応しています。また、頸動脈狭窄症に関しては、諸検査を行い最も適した治療(内科治療、頸動脈ステント留置術、頸動脈内膜剥離術)を選択します。当院には回復期病棟がありますので、急性期から回復期リハビリテーションまで切れ目のない診療を行い、自宅復帰を目指します。

 地域の高齢化に伴い増加している認知症、パーキンソン病といった神経難病疾患にも積極的に対応しています。MIBG心筋シンチ、DATスキャンなどの検査を駆使して、認知症やパーキンソン症候群の鑑別診断を行います。診断後には適切な薬物治療、介護、福祉の調整により、生活の質の向上を目指します。




神経内科参考資料