ホーム > 診療案内 > 緩和ケア




















当院の取り組み
がんのリハビリテーション
有明緩和ケア研究会

広報誌「ひまわり」
緩和ケア研修会
有明緩和ケアネットワーク
緩和ケアチーム勉強会


緩和ケア

当院「緩和ケアチーム」の取り組み




 緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や、心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。

 





 緩和ケアチームとは、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士など多職種で構成された医療チームです。患者さんとご家族のQOL向上への支援を、専門的知識や技術を持つ多職種チームと担当医や病棟スタッフと連携して行います。
1.緩和ケア医(外科医)         
2.外科医師
3.放射線治療科医師
4.産婦人科医師
5.専従看護師(緩和ケア認定看護師
6.専任薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師)
7.精神保健福祉士(がん専門相談員)
8.看護師(主任看護師、各部署リンクナース)
9.理学療法士、作業療法士(がんのリハビリテーション)
10.放射線技師  
11.管理栄養士  




 下記のようなつらい症状がありましたら、緩和ケアチームにご相談ください

·からだに生じるつらい症状への対応
  痛み、息苦しさ、吐き気、しびれ、治療に影響を及ぼす症状など・・・


·こころのケア
  不安、眠れない、気分が落ち込む、いらだち、落ち着かない気持ちなど・・


·ご本人、ご家族の気がかりなことへの支援
  今後の生活のこと、治療や療養の場所は・・・




1.毎週金曜日:入院中の緩和ケア対象患者に対するカンファレンス
2.毎週火曜日・金曜日:緩和ケアチーム回診
3.定期研究会:有明緩和ケア研究会を年3回開催
4.広報誌「ひまわり」を発行
5.緩和ケア研修会開催
6.地域の病院、施設に対する、がん看護勉強会開催
7.緩和医療に関する研究・学会発表





 入院中の患者さんとそのご家族が対象で、「つらさ」を緩和することを目的としておりますので、病気の進行や程度は問いません。
緩和ケアチームのサポートを希望される方は、入院中、病棟の担当医あるいは看護師にご相談下さい




緩和ケア参考資料




入院前に緩和ケアチームについてご質問がある場合は、下記へご連絡ください。


連絡先)荒尾市民病院 がん相談支援センター
TEL:0968-63-1115(代)